先輩社員インタビュー

ファインセラミックス事業部 品質管理FINE CERAMICS QUALITY CONTROL

女性にとっても働きやすく、長く働いていける会社だと思った

アスザック株式会社
ファインセラミックス事業部 品質管理
2014年入社

入社動機

大学でセラミックスについて学んでいたため、その知識と経験を活かして働きたいと思ったときに、
セラミックスについて多くの技術を持つアスザックを魅力的に感じました。
また、アスザックが女性にとって働きやすい会社であることも志望した理由の一つになります。地元が長野なこともあり、今後の人生を考えたときに、多くの選択肢を選べ、長く働いていける会社であると思ったためです。

現在の仕事内容

現在は工場の品質管理業務を行っています。
内容としては不良品の原因追求や対策の検討をメインで行っています。
不良品が発生した場合に、実物を見て調査を行います。
ときには分析装置を用いて詳細な調査を行ったり、有識者に問い合わせを行うことで工場の問題を解決に導くための活動を行っています。
その他にも、現場品管は工場の異常を早急に察知できたり、工程に詳しい部署なので、お客様から頂いたクレームや品質に対しての要望について品質保証チームと共に対応します。
必要であれば実際にお客様のもとを訪問し、直接伺ったことを工場へと展開します。

1日のスケジュール

  • 08:00

    08:00朝礼
    ラジオ体操をして・各チームの朝礼に参加した後自チームの朝礼を行います。
  • 08:30

    08:30発生した不良品の確認
    直近で発生している不良品の現品確認と聞き取り調査を行います。
  • 10:00

    10:00打ち合わせ資料の作成
    その内容をもとに、午後からの打ち合わせ資料を作成します。
  • 12:00

    12:00昼食
  • 13:00

    13:00打ち合わせ
    最近の問題・再発の可能性がある不良や対策の経過確認を打ち合わせます。
  • 15:00

    15:00現場パトロール
    実際に工場内の確認を行います。
  • 16:00

    16:00事務作業
    データの入力や提出書類等デスクワークを行います。
  • 18:00

    18:00退社

やりがいを感じる瞬間

不良品の原因調査を行っていると、どうしてもわからないことやもう無理だと思うことも多くあります。それでも、多くの人に協力をいただきながら多くのことを調べ、考えて、実験を重ねてることで、少しずつ原因を追求して、なんとか解決したときには頑張っていて良かったと感じます。

すべての社員に等しく活躍する機会とそれを発表する場所があるところです。
社員の方の取り組みを聞くのは大変勉強になりますし、自分ももっと頑張らなければと思えて大変刺激になります。
また、その中で若手のうちから責任のある仕事に挑戦させてもらえ海外工場やお客様への訪問など大きな仕事にもかかわらせてもらえるところが好きなところです。

これからの目標

工場の品質を安定させ、不良品を少しでも少なくできるような活動を続けていくことです。
品質が安定し不良品が少なくなることは、コストや納期にも直結する大切な問題です。
また、お客様からの信頼にも繋がります。お客様の期待に答え、社会に貢献できるようにする。
その大切な部分を担える品管になれるように日々努力を続け、私がいてよかったと言ってもらえるくらいに頑張っていきたいです。